by kosmos

ワールドトレンド2013 by Tujii Yasuo

6月 12, 2013 in Featured, トレンドテクニック, 委員会から , 講師会・講習会, 講師会委員会 by kosmos

5月の講習会は辻井康雄先生!

今年のトレンドを取り入れた作品や、
辻井先生の真骨頂のとても柔らかなファンスタイルなど・・・

RIMG0055

デモの間中、目を離せないような感動の作品を沢山見せて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE 5月辻井デモ1

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE       Exif_JPEG_PICTURE

最後は、デモ中に手早くつくられた
パープルのカーネーションとグリーンのミニブーケを
全員にプレゼントして頂きました。

by kosmos

辻井康雄先生 講習会

3月 23, 2013 in トレンドテクニック, 季節のアレンジ by kosmos

沢山のデモンストレーション見せて頂きました。

バンリードを沢山使うのがトレンド!

お花いっぱいのブーケのアシストもバンリードです。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

 

Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

実習もバンリードを沢山使いました。
きれいな紙箱の中に鳥かごみたいに
繊細なお花を試験管で覗かせました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

by bamboo

花zu彩 レッスン

10月 26, 2012 in Featured, トレンドテクニック by bamboo

最近の教室のレッスン作品をのせてみました。

中央の作品はこの夏グレゴール・レリッシュの講習で教わったものす。

 

 

by kosmos

必見!ドイツ/グレゴレッスン

8月 15, 2012 in 2012オランダ・ドイツ, Gallery, How-To, イベント, トレンドテクニック, 活動のご報告 by kosmos

ドイツ バードノイエナー/アールバイラーのアトリエでのレッスン風景。


一作目のデモンストレーション

今日のテーマは「かわいい!!」
地中海のイメージで、小さく優しいフィーリングとテクニックを学びます。

通訳は、ドイツ在住の神山智子さん。

午前中に10以上の作品をデモンストレーションレクチャー頂き、
午後からは、自分の作品を作ります。

一人一人、グレゴ自身が丁寧にアドバイスしてくださいます。
出来上がるまで、夜の8時まで”残業して”頑張りました!
次の日も、8時過ぎから”早朝出勤”しました!

by kosmos

ヨハン・スタム氏デモンストレーション

10月 20, 2011 in イベント, トレンドテクニック, 活動のご報告 by kosmos

 

 

10月20日 19:00から
会場 京都市花き地方卸売市場

主催 京都花商恊働組合

後援 京都府フラワー装飾技能士会、NFD京都府支部
NPO法人フラワーアーティスト育成協会

2時間たっぷり、10作品を見せて頂きました。

トレンドは「ナチュラル」

また、オランダの流行は色んなお花(形や色)をいっぱいミックスで使うこと。

例えば、アレンジの足下もグリーンで覆うのではなく、お花で埋める。

カラフルな楽しい作品達でした。

 

by kosmos

2008.9ドイツグレゴ

8月 15, 2011 in 2008.9ドイツグレゴ, Gallery, トレンドテクニック by kosmos

by kosmos

辻井康雄先生講習会 P4

8月 9, 2011 in トレンドテクニック, 委員会から , 活動のご報告, 講師会・講習会 by kosmos

2011 7月3日の講習会より

辻井康雄」先生のデモンストレーション。
当日教えて頂いたポイントのご紹介 P4です。

今回の講習会の紹介はこれで最終回となります。

(参照:辻井康雄先生講習会 P1)

(参照:辻井康雄先生講習会 P2

(参照:辻井康雄先生講習会 P3)

中級以上の方を対象とした内容になっておりますので
分からない点は、最寄りの先生か、コメント欄でお尋ねください。

<あじさいづくし>

「空のイメージ」・・・ 空中高く浮いているようなあじさいボール

アニメ宮崎駿「天空の城ラピュタ」の空中の島を思い出しました。
大きな大きな木の根が抱えるお城です。
空を行く風も感じるようです。

 

花材:あじさい、スグリ、木いちごの葉、ヒバ、ドウダンツツジ
あじさいボールは、キャンドルスタンドの上にオアシスをセットして
アジサイパーツを挿しています。斑の入ったグリーンの葉っぱをはさん でいます。
下のグリーンの円盤は、スタイロフォームにヒバをUピンで貼付けてあります。
黄色く見えるのは、ドライアジサイのリースです。
ブルー系のアジサイは、試験管をワイヤーを使って土台に挿して立ててあります。
(#20黒のハダカワイヤー3本と試験管を細めのワイヤーでまとめている)
辻井先生のコメントから
「部分部分は、簡単なテクニックのものを組み合せて全体の大きな作品になっている。
 難しいことをしているのではなく、色々なアイデアを考えること。
1つの花材で10パターン位を考えるとよい。
今回は、一度使ったベースの材料も使っており、前回とどれくらい違うものが発想できるか、も面白い」
   
ヒバで覆った円盤 と「2009 辻井先生の花会」の作品、サンキライの実を貼ったオブジェ
by kosmos

辻井康雄先生講習会 P3

7月 22, 2011 in トレンドテクニック, 委員会から , 活動のご報告, 講師会・講習会 by kosmos

2011 7月3日の講習会より

辻井康雄」先生のデモンストレーション。
当日教えて頂いたポイントのご紹介 P3です。

(参照:辻井康雄先生講習会 P1)   (参照:辻井康雄先生講習会 P2

中級以上の方を対象とした内容になっておりますので
分からない点は、最寄りの先生か、コメント欄でお尋ねください。

<あじさいづくし>

「海のイメージ No3」・・・和のスタイル:トライアンギュラー

花材 : ドウダンツツジ、ナナカマド、アセビ、タニワタリ、
レウカデンドロ、ミスカンサス、アジサイ(上:グリーン系)(下:パープル系)

辻井先生の説明より 「空間と線の美しさを活かした和のスタイル・・・
葉っぱのものでトライアンギュラーが出来ていて、
枝のものでもトライアンギュラー、ヤナギの線でもトライアンギュラー、
それらの組み合わせになっている・・・」

たっぷりのあじさいをベースにして様々なグリーンをどんどん入れていかれます。

みんな、息をつめるように手さばきに注目・・・
大作が出来上がった時は、大きなため息が漏れました。

みずみずしいグリーンが描く空間は、
入道雲をバックに夏の浜辺を望むようなとても壮大な景色を想像させてくれました。

 

♣ 上達のコツは、本物を体験すること・・・♣

出来上がった作品を鑑賞するだけでなく
このようなデモンストレーションの機会は
事前の準備と仕事を知り、作り上げる手際を見せて頂き
その呼吸をそばで感じることができるため、感動も深く
身体で感じとる事ができるようにおもいます。

 

※ デモンストレーション前のベースの様子です。

大振りのガラスの器には、中程まで水が入っていて、
大きな房のあじさいが、軸を中に上下に重ねて
1つの大きな玉のように入れてあります。

底に入っているのは、イソギンチャク&貝殻。

 

 

by kosmos

辻井康雄先生講習会 P2

7月 16, 2011 in トレンドテクニック, 委員会から , 活動のご報告, 講師会・講習会 by kosmos

2011 7月3日の講習会より

辻井康雄」先生のデモンストレーション。
当日教えて頂いたポイントのご紹介 P2です。

(参照:辻井康雄先生講習会 P1)

中級以上の方を対象とした内容になっておりますので
分からない点は、最寄りの先生か、コメント欄でお尋ねください。

<あじさいづくし>

「海のイメージ No2」・・・あじさいの水中花

なんて艶やかなあじさいでしょう!
3つのパーツを組み合わせた大作です。

  • 目立つ中央の部分は、大きなガラスの円柱にあじさいを水中花にしています。

丈の異なるあじさいを沈め、深く沈んでいるのには石がくくり付けてあります。
大きなあじさいの房ですが、水のレンズ作用でさらに大きく屈折して見えて幻想的。

  • 足下部分は、24個のグラスにクリスタルゼリーを入れて
    1つ1つ違う表情のミニアレンジです。

クリスタルゼリーは、水あげの力は弱いですが、
ドライになりやすいタイプのあじさいなら小房でも大丈夫です。
ミスカンサスは、渦巻きにしたものや、カールに癖付けしたもの
結んだもの、縦に・・・横に・・・
「やっている方が楽しい・・」(辻井先生のつぶやき)

  • 作品をさらにインパクトのあるものにしているのが
    この大きなワイヤーの円盤です。

全体のバランスを高くしてとても力強い作品になっていると思います!
盆栽ワイヤーを網状に編んだ 円盤を試験管を柱にして2段につないでいます。

そこに、さらにあじさいを重ねて入れます。
動きを出しているグリーンは、リキュウ ソウ・トケイソウ。
房が広がりやすいあじさいは、首もとをワイヤーでまとめています。

※ 円盤は、2009年の辻井先生の個展で使われたもののリサイクルでした。

参照:2009 辻井康雄 花展 於「拾翠帝」

by kosmos

辻井康雄先生講習会 P1

7月 12, 2011 in トレンドテクニック, 委員会から , 活動のご報告, 講師会・講習会 by kosmos

2011 7月3日の講習会より

NPO法人フラワーアーティスト育成協会の
会員を対象に開催される講習会です。
今回は、協会の名誉理事でもある
「辻井康雄」先生のデモンストレーションでした。

初心者の方は、作品を見るだけでも素敵ですし、
中級以上の方は、どうなっているんだろう、
と言う観点から見るととても勉強になります。

数回に渡って、当日教えて頂いたポイントをご紹介いたします。
アイデアやテクニックは応用できますので、是非ご参考になさってください。

中級以上の方を対象とした内容になっておりますので
分からない点は、最寄りの先生か、コメント欄でお尋ねください。

 

<あじさいづくし>

大作4作品をデモンストレーションして頂きました。

「共通するテーマ」

※ メインの花材はフレッシュな「あじさい」

  品種改良されたあじさいは世界でも注目株で
日本原産ながら今や輸入のあじさいも出回り始めています。
水揚げのテクニックも教えていただきました。

※ ベース材料のリサイクル

  今回紹介頂いた作品のベースには、以前に使った物のリサイクルが含まれています。
物を大切に使うことと、1つのものから違う発想をすることも教わりました。

「海のイメージ No1」

 

    

フレッシュなアジサイのリースを作ってガラスの器3つを組み合わせたところに
ワイヤー(#26)で吊った作品。

リースの台 は市販のグリーンのベース。
そこに新しくオアシスをカットしてグリーンテープで留めてセットします。
グリーンのプラスチック 台の底にはヒバの小枝(生)をあてて隠しています。

3カ所に吊り下げ用に、ワイヤーでフックを付けておきます。

華やかな大振りの花びらの秋色あじさいのパーツはリースワイヤーで 束ねて約60個以上。

下のガラスの水盤は水を張って貝殻とツルムラサキの実を沈め、あじさいの花びらを浮かせています。

上にかぶせたガラスの器の上には、ガラス細工のカタツムリがいるんですよ♫

とても繊細で美しい素敵な作品でした。
これが一番好き〜!という方も多かったです。