講師会 テーマ「水揚げ」

3月 9, 2012 in 委員会から , 講師会・講習会, 講師会委員会 by kosmos

講師会委員で検討し、今年度は
回ごとに「テーマ」をあげて
それに対して最適な講師をお迎えして勉強しよう
と言うことになりました。

まず第一回目の3月は、
「水揚げの仕方」です。

生け花では、基本として習うようですが
「フラワーアレンジメント」では系統だっては習いません。

生花を扱う時に、その都度教えてもらう・・・

というかたちで学んで来られたのではないでしょうか。

お花屋さんでないと、沢山のお花を水揚げすることも少なく、
自信を持って生徒さんにお伝えすることが出来ない・・・

このような声を取り上げて「水揚げの仕方」をテーマに教えて頂きました。

勿論このテーマの最適講師は「武先生」です!

16種類の手法をプリントにまとめて頂いた資料もあり
具体的に、道具を見せて頂き、実際にもデモンストレーションして頂きました。

予め、わざと水の下がったお花や枝を用意頂き、

湯あげして水につけておくと・・・さ〜すが!
見る間に元気に!!

これは、花専用の吸入器。
ハスやスイレン、または、茎がストロー状になっているもの
に直接水を送って強制的に吸入させます。

ハスに吸入させると、花芯からキリの様に水が吹き出すそうです。
そのあと、茎の切り口に溶かしたロウを塗ります。
注射器をつかっても良いとのこと。

具体的な手法、ワンポイントなどのお話に

「へえー!」「ホー・・・」
「ソウソウ!」

など、嘆息が上がりました。

「本に書かれていることや従来のやり方だけに頼らず
常に研究、勉強が必要・・・
また、最も研究しているのは花の生産者。」
とおっしゃったのは、辻井先生でした。

質問も沢山あがり、有意義な講習会で
拍手があがりましたよ♫

第二部では、
武先生による
春のお花のアレンジデモンストレーションを3作。

そして、竹ヒゴでフラワーベースを作る
レッスン実習もありました。

この様子は次回に・・・

お楽しみに♫