平井昭臣/カトリン・ペダル P2

10月 26, 2011 in 委員会から , 活動のご報告, 講師会・講習会, 講師会委員会 by kosmos

10月9日講習会 デモンストレーションの続きです。

昭臣氏とカトリンさん、お二人の作品を対比させながらご紹介して行きます。

<黒竹の三角錐> Katorin

: ヨーロッパ人の得意とする、形をしっかりと作り込んだ緻密な美しさ

 

黒竹の柴で緻密に創ったベース。三角錐のグラスに入れて

逆三角 に立っているように見えます。

お花は、カラーの対比も鮮やかな赤。

バラ・ダリア・ビバーナムコンパクター(実)

<青竹の和風の美> Akihito

: 日本人の空間に対する感性は、日本人の生活様式の美しさとして
美意識や間の取り方に自然と染み付いた文化

青竹に切り込みで窓を創ったり、間にオアシスを仕込んだりして
花を配置している。

大輪の菊・バラ・ナナカマド(実)・スチールグラス

 

◆  同じお花「根付きの蘭:バンダ」を使った2作品の対比  ◆

<レッドウィローの花束> Katorin     <黒米のリース> Akihito

       

レッドウィロー・秋色アジサイ・アマランサス     黒米を貼ったリースと器に
ダリア・アイビー・ナナカマド・アイビー       ダリア・バラの実
ウルトリアマーブルブルー

※ 時間をかけて創り込んだベースの場合は、花を軽くしてボリュームの対比で強弱を出す。