ワイヤーワーク

9月 8, 2011 in How-To, ワイヤリング by kosmos

中止になった先日の講習会で披露するため
用意していたものをご紹介します。

トンボ

羽の部分には、赤のスケルトンリーフを貼り、
しっぽの部分は一本のワイヤーにビーズ、目の部分もビーズです。

ワイヤーの素材は、工事用備品の「番線」
鉄に焼き付けを しただけのシンプルでちょっと固めの質感は
形に整えていくと、なんとも可愛い姿を見せてくれます。

小鳥


一本のワイヤーで一筆書きみたいにねじっていきます。
ビニール被覆のカラーワイヤーを使っても楽しいです。
これらのワイヤーワークでは先の尖ったラジオペンチが便利です。

ワイヤーの扱いは、お花のワイヤリングから始まり、
作品のベースとしてオブジェを編み上げる方法を習って来ました。
でも、結構ハードな大作になってしまうので日頃は利用しにくいものです。

私はワイヤーの緊張感ある素材感が好きで、またそれをお花など
やわらかな質感の素材と合わせる異素材の組み合わせが気に入っていますので
可愛いオブジェを作り、日常の簡単なアレンジに添えて楽しんでいます。