by kosmos

京都府庁旧本館 秋の一般公開

9月 8, 2011 in イベント, 情報いろいろ by kosmos

「NPO法人フラワーアーティスト育成協会」の花会が
11月4日(金)5日(土)6日(日)と
京都府庁旧本館で開催されますが、
京都府のホームページに「文化芸術作品の展示」として
案内されていますのでご紹介いたします。

参照 : 京都府ホームページ(京都府ホームページより引用)

 第26回国民文化祭・京都2011「京都府庁旧本館 秋の一般公開」について

「第26回国民文化祭・京都2011」の一環として、
「京都府庁旧本館 秋の一般公開」を
「府庁旧本館利活用応援ネット」(代表 三輪泰司
)との恊働により実施され、

開催期間中は京都府庁旧本館において、多彩な文化事業を展開します。


1 主催

京都府・府庁旧本館利活用応援ネット

2 開催期間

平成23年10月29日(土曜日)~11月13日(日曜日)

3 会場

京都府庁旧本館
  京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町  府庁へのアクセス

4 主な事業内容

 文化・芸術作品の展示

  • 京都彫刻家協会会員による屋内・野外彫刻作品展
  • 社団法人京都デザイン協会による京都デザイン賞2011入賞・入選作品展示会、表彰式・セミナー。会員作品展・デザイン相談会
  • フラワーアーティスト育成協会による作品展示
by kosmos

京都府庁旧本館/秋の花会開催

9月 8, 2011 in イベント, イベント委員会, 委員会から , 情報いろいろ, 未分類 by kosmos

11月4日(金)5日(土)6日(日)
NPO法人フラワーアーティスト育成協会主催の花会が開催されます。

会場は、京都府庁旧本館。
重要文化財にしていされている美しい建物の、一階、二階部分を使います、

  

明治37年12月20日に竣工。
外観は正統的な西洋建築の意匠で、工期3年余、総事業費は当時では破格の約36万6千円を要して建築されました。
地上2階建、延床面積約6,100平方メートル。
正庁(庁舎の広間で公式行事や式典を執り行う室)・知事室・議場・貴賓応接室・議長室など大小55室で構成され
中庭は、西欧風の整形式庭園として、しだれ桜を中心に中高木が植えられています。

昭和46年(1971年)までは京都府庁の本館として、また、現在も議場は府政情報センター、その他の部屋も人事委員会事務局等の執務室や会議室として使用されており、創建時の姿をとどめる現役の官公庁建物としては日本最古のものとなっています。

竣工以来約100年が経過する中で、屋根の老朽化が進んだことから、平成9年から総工費約7億7千6百万円をかけ、屋根の全面葺替工事を行い、平成11年8月に完成しました。約1世紀、旧本館は現在も、府庁のシンボルとして美しい姿をみせてくれています。

外観は言うに及ばず、部分部分に美しい装飾が見られ、この環境に私たちの作品が入るとどんな素敵な空間になることでしょう。
スペースには限りがあるので、約60作品に限定です。
皆様、出品お申し込みを受け付けておりますのでお早めに!

会員の皆様には、追って詳細のご案内を致しますが、外部の方やご質問のある方は
事務局までお問い合わせください。

 

 

 

by kosmos

ワイヤーワーク

9月 8, 2011 in How-To, ワイヤリング by kosmos

中止になった先日の講習会で披露するため
用意していたものをご紹介します。

トンボ

羽の部分には、赤のスケルトンリーフを貼り、
しっぽの部分は一本のワイヤーにビーズ、目の部分もビーズです。

ワイヤーの素材は、工事用備品の「番線」
鉄に焼き付けを しただけのシンプルでちょっと固めの質感は
形に整えていくと、なんとも可愛い姿を見せてくれます。

小鳥


一本のワイヤーで一筆書きみたいにねじっていきます。
ビニール被覆のカラーワイヤーを使っても楽しいです。
これらのワイヤーワークでは先の尖ったラジオペンチが便利です。

ワイヤーの扱いは、お花のワイヤリングから始まり、
作品のベースとしてオブジェを編み上げる方法を習って来ました。
でも、結構ハードな大作になってしまうので日頃は利用しにくいものです。

私はワイヤーの緊張感ある素材感が好きで、またそれをお花など
やわらかな質感の素材と合わせる異素材の組み合わせが気に入っていますので
可愛いオブジェを作り、日常の簡単なアレンジに添えて楽しんでいます。